HOTEL NEWS

ホテルのバー Bar
Bar is a good friend of you both in bitter/sour and sweet/happy times


悩めるときも、華やぎたるときも、
喜びのときも、悲しみのときも、
いつもうまい酒を作ってくれる
そんなバーをみつけたあなたは幸いである…。


■■■ バーインデックス ■■■

◆情報誌の「バー」関連記事
  • THE LOBBY 特集「理想の朝食&バー」〜「おすすめのホテルのバー」「バーテンダーが語る”ありがたくないお客さま”」
  • SUNSET LOUNGE 「ホテルストーリー」〜「我が輩は、何でアル?」
     〜 新入りバーテンダーと名前がない猫の物語
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.39 P10
     〜「HJCホテルランキング」テーマ別編〜いいバーがあるホテル
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.40 P23
     〜「ホテルマン 甘口辛口」バーテンダー 飯塚慎二(山の上ホテル)
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.41 P25
     〜「ホテルマン 甘口辛口」バーテンダー 清水幸男(フォーシーズンズホテル椿山荘)
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.42 P25
     〜「ホテルマン 甘口辛口」バーテンダー 久保木康雄(パレスホテル)
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.43 P25
     〜「ホテルピープル」バーテンダー 小穴友香(インターコンチネンタル東京ベイ)
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.44 P23
     〜「ホテルピープル」バーテンダー 小川信也(山の上ホテル)
  • MAGAZINE 「ホテルジャンキーズ」Vol.49 P23
     〜「ホテルピープル」テキレラ(テキーラの専門家) ガブリエラ・M・チェセーナ(ラス・ヴェンタナス・アル・パライソ)




  • 2013年度 9月

    2013/9/4
    東京ステーションホテル

    Bar! 「プレジャー オブ マルノウチ  Pleasure of Marunouchi」
    ▼仕事帰りにホテルのバーでお酒を飲むのもいいけれど、おつまみ程度で夕食は後で食べないとお腹がすくからなぁ…と常々不満に思っていた方、料理もしっかり食べられて、好きなドリンク3杯がセットになった、こんなプランがありますよ。料理はビーフカツレツサンド 、ビーフシチュー 、シーフードドリアなど食事にもなる料理を含むメニューから一人1品選べ、飲み物は、シャンパン、ワイン、生ビール、カクテル、ウィスキーから一人3杯選べて、5千円札でお釣りがくる。
    ■場所 2F バー&カフェ「カメリア」
    ■料金 一人 4,389円(2名より受付)
    ■期間 通年 17:00-20:30 ( L .O.)


    2013年度 8月

    2013/8/27
    ザ・キャピトルホテル 東急

    Bar! 「『アガバレス・テキーラ』カクテル フェア」
    ▼日本酒の奥の深さを「日本人じゃないとわっかんねぇだろうなぁ」と日本人が思うように、「テキーラの奥の深さはメキシコ人じゃないとわっかんねぇだろうなぁ」とメキシカンは思う。メキシコのロス・カボスにある『ラス・ヴェンタナス・アル・パライソ』にはテキーラ・バーがあり、テキーラについて学べるテキーラ講習クラスもやっているほど。夜のターンダウンの際には、ベッドサイドにはライムと塩がのった小皿とテキーラのボトルが置かれる。さて、こちらでは、テキーラの主原料、アガペ・アスール(竜舌蘭)を100%使用したピュアテキーラ「アガバレス」がメキシコより日本初上陸したそうで、それを使ったオリジナルカクテルを提供する。
    ■場所 The Capitol Bar
    ■料金 アビー マルガリータ 1,500円、ストロー ハット 1,700円、グリーン アガベ 1,500円テーブルチャージ一人 577円
    ■期間 9月1日(日)〜10月31日(木)


    2013/8/12
    パレスホテル東京

    Bar! 「秋限定カクテル」
    ▼かつては男の世界だったバーテンダー界にも気鋭の女性バーテンダーたちが登場。今年の日本チャンピオン・バーテンダーの高橋直美氏。彼女の世界大会出場日本代表作品であるマスカットを使った「ウィステリア」を期間限定で飲める。 このほか、お得意のフルーツのフレーバーを駆使したカクテル2種「パローネ」「プルマージュ」も提供。こちらのバー、おすすめは皇居をみおろす外のテラス席。
    ■場所 6F ラウンジバー「プリヴェ」
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 9月1日〜10月31日


    2013/8/12
    ホテルオークラ東京

    Bar! 「ドン ペリニョン フレッシュ ベリーニ」
    ▼白桃のシーズンもあと少しで終わり。期間限定で作っているこちらのベリーニ、その時どきで、いちばん美味しい産地の桃を選び、フレッシュで使ってドンペリニョンで割ったという実に贅沢なもの。ベリーニ発祥の地はヴェネチアのハリーズバーだが、本場の味を超える味をこちらのバーが開発した。ただーし、お値段は張ります。コレを、「これ、一杯の値段知ってる?」とか「ベリーニってのはね…」とか、一切の口上・うんちくなしに、「こちらにコレを」とさらりと連れの女性に注文してくれるような男性は、女性にとって、幸いである。
    ■場所 本館5F 「オーキッドバー」
    ■料金 5,428円
    ■期間 8月31日(土)まで


    2013年度 7月

    2013/7/18
    ホテルニューオータニ大阪

    Bar! 大阪城を望む屋外プールで「プールサイドダイニング」
    ▼”ブティック”と付ければ、なんとな〜く、小ぶりだけれど、ちょっと普通とはセンスが違って、高級で、というようなイメージで使われることが多いが、必須ポイントは、”小ぶりだけれど”。そう、こちらのプールは小ぶりだけれど、大阪城を望む眺望絶佳のロケーション。ライトアップしたお城を向こうに見ながら天下を取った気分(だけは誰でもなれる)で飲み放題を楽しめる。料理が7品付き、フリードリンクのセットプラン「サンセットフリーフロー」もある。
    ■場所 ザ・テラス
    ■料金 メニューによって異なる。「サンセットフリーフロー」5,500円(120分制)
    ■期間 7月5日(金)〜 9月16日(月・祝)※日曜定休(8/11のみ営業)。18:30〜21:30(Last Order 21:00)


    2013/7/10
    ホテルオークラ東京

    Bar! 「サファイアソルベ」
    ▼こんな飲み物が似合うのは、涼しげなノースリーブのドレスを着た”夏服の女”。これをさらりと連れの女性にすすめられるような男性は、モテる男に違いない。ジンのボンベイサファイアをベースにフリーズさせたフルーツソルベで、カウンターバーで注文したい、辛口向けのちょっと甘口な夏ならではのカクテル。
    ■場所 別館1F 「バーハイランダー」
    ■料金 2,079円
    ■期間 特に指定なし


    2013/7/10
    小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

    Bar! バーの「レディースセット」
    ▼軽く飲みたいのでお酒のおつまみも欲しいし、ちょっとお腹にたまるものも欲しいし、締めにはお茶とスイーツも欲しいし、それで二千円くらいでぇ…。そんなワガママ言いたい放題な女の願望をすべて満たすものを作ったら、こうなりましたという感じ。オードブル、サンドウィッチ、スイーツのワンプレートと、カクテルやワインなどのアルコール類と紅茶やハーブティーコーヒーなど全45種から2杯選べる飲み物をセットにしたもの。女性限定。
    ■場所 20F ラウンジ&バー「サウスコート」
    ■料金 2,310円
    ■期間 通年。17:30〜21:00までの時間限定。


    2013年度 6月

    2013/6/25
    パークハイアット東京

    Bar! 「Five To Seven」
    ▼オフシーズン価格がハイシーズンのそれよりも安いのと同じように需要と供給の関係により、バーも空いている早めの時間帯を”ハッピーアワー”などと呼んでお得設定しているところが多い。同じことをやるにしても、カッコよく、オシャレにモットーなパークハイアット、単に安くするのではなく、こんなプランを。生ビールはアサヒプレミアム熟撰、スパークリングワインはロデレール エステート カルテット ブリュットかアンダーソン バレーとちょっと銘柄にもこだわった飲み物のセレクションメニューからワインまたは生ビールをグラスで2杯、これにスナックプレートが付いたセットメニューを平日の夕方限定で出している。
    ■場所 52F「ニューヨーク バー」
    ■料金 セット 3,616円
    ■期間 通年。平日限定 17:00〜19:00


    2013/6/6
    ANAインターコンチネンタルホテル東京

    Bar! 本日よりスタート!「HAVANA FREE FLOW 36 フリードリンク&キューバ料理ブッフェプラン」
    ▼せっかくというか、どうせ夏は暑いので、だったら暑い国の気分で楽しみましょう、という企画かどうかはわからないが、暑い夏にとりわけおいしく感じるモヒート36種類に加え、マティーニ、ピニャコラーダなどの各種カクテル、ワイン、ビールがフリードリンクで楽しめる、キューバ料理のブッフェ付のプラン。モヒートはフローズンタイプもオーダー可能。サルサのライブ(20:00〜20:40 / 21:00〜21:40 / 22:00〜22:40の3回)も楽しめ、しばし熱いキューバの気分に浸れます。毎週木曜日限定。
    ■場所 36F 「MIXX Bar & Lounge」
    ■料金 6,325円
    ■期間 6月6日(木)より毎週木曜日 19:00〜22:00(21:00 L.O.)


    2013年度 5月

    2013/5/24
    オテル・ドゥ・キャップ・エデン=ロック(フランス、アンティーブ)

    Bar! シャンパン・ラウンジ「Eden-Roc Champagne Lounge」
    ▼シャンパンを水がわりに飲むゲストたちが集まる世界のリゾートホテル界の女王的存在のこちら、ヴァカンスシーズンのプールサイドにもぐりこめれば、スキャンダル記事のネタもそこここにいっぱい…とパパラッチたちがうらやむホテル。同時に、”セレブ”と呼ばれたい方たちの”必須”御用達ホテルとしても知られている。もっとも昨今はこういう方たちのご利用が多いようで、ゲストのニーズに合わせ、こんなどこにでもありそうなシャンパン・ラウンジを作ってしまいました。古き良き時代には、ゲストたちは、岬の突端の岩陰だの、それぞれ自分の好きな場所に、好きな時間にウェイターを呼んでシャンパンの用意をさせていたものだった。今は昔の物語ですが…。
    ■場所 シャンパン・ラウンジ
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年


    2013/5/24
    東京ステーションホテル

    Bar! 「フレッシュフルーツカクテル」
    ▼なんにでも”旬”という、充実して輝く絶好調の時がある。食べ物でも、ホテルでも、そう、人間でも…。特にフルーツは、旬のいちばんおいしいときに食べるのとそうでない時期ではまったく別物のように味が違うものだ。こちらは旬のフルーツを使ったカクテル。この季節は3種類で、フレッシュメロン・マティーニ、フレッシュライチ・カクテル、フローズンマンゴスチン・ヨーグルト。
    ■場所 バー&カフェ「カメリア」
    ■料金 フレッシュフルーツカクテル 各1,980円
    ■期間 6月30日まで


    2013/5/21
    小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

    Bar! 「ワンコインアワー」
    ▼「眺めのいいホテルのラウンジでカクテルでも飲みに行こうか」と誘われると、ちょっと贅沢で高級な気分が漂うものだ。こちらは、そんな気分がワンコインで楽しめるハッピーアワー・おうラン。生ビール、ワインのほか、16種類のカクテルも含まれ、マティーニ、ギムレット、マルガリータ、ダイキリなどもワンコインで楽しめる。
    ■場所 20F ラウンジ &バー「サウスコート」
    ■料金 500円(ドリンク)
    ■期間 土・日・祝日を除く平日 17:30〜19:30


    2013/5/20
    ザ・キャピトルホテル 東急

    Bar! ウォッカ界のレディで作る「シルバーマティーニ」
    ▼ウォッカといえばまずはロシアや東欧産を思い浮かべるが、初のフランス産ウォッカとしてコニャック産地のコニャックで作られ、1997年にデビューしたのが「グレイグース」ブランド。かすかにシトラスノートがあるクリアな香りで、ウォッカ界では洗練されたレディ的存在。このグレイグースにヘンドリック・ジンを合わせたオリジナルマティーニ「シルバーマティーニ」を期間限定で提供。ローアルコールカクテルのグレイ グース ブリーズは暑い日に喉をうるおす駆けつけ一杯に。
    ■場所 ザ・キャピトルバー
    ■料金 シルバー マティーニ  1,750円、グレイ グース ブリーズ 1,850円
    ■期間 5月1日(水)〜6月30日(日)


    2013/5/16
    ヒルトン東京

    Bar! ほどよい高さの「天空のビアガーデン」
    ▼思いがけず新宿公園側にぽっかりと開けた視界。「ちょっといい所知っているんだ」と同僚や部下を連れて行くと男(女)が上がりそうなホテルの中の隠れ家。セルフサービスだし、飲み物の種類も生ビール(アサヒ / エビス)、赤・白ワイン、ソフトドリンクと限られているけれど、そういうのも気楽でいい、と思える方向き。
    ■場所 7階 プライベートラウンジ外のテラス
    ■料金 ドリンク飲み放題(1.5時間)2,800円。9種類の料理メニューは別途料金500円より
    ■期間 6月1日(金)〜9月中旬 17:30〜22:00(ラストオーダー21:30) 1.5時間制


    2013/5/16
    ホテルメトロポリタン

    Bar! 「サンクスプラン」
    ▼池袋ウエストゲートパーク・シリーズの主人公マコトが「東大文I出の警察キャリアで、現在は池袋署の署長。ポール・スミスのスーツを着て、バーボンが好きという人物」におごらせたい時に行くのが、ここのバー。インテリアはヨーロッパの豪華列車・オリエント急行を模している。好きなドリンク2杯と料理1品を組み合わせたセットプランをやっており、最大43%割引になる。
    ■場所 2F バー「オリエントエクスプレス」
    ■料金 3,630円
    ■期間 5月1日(水)〜11月30日(土) 17:00〜20:00


    2013/5/10
    パークホテル東京

    Bar! 「Designer’s Cocktail Collection ミントジュレップ」
    ▼5月といえばケンタッキーダービーを思い浮かべる…というのは、競馬ファン。そのオフィシャルカクテルがバーボンベースの「ミントジュレップ」。同ホテルの「カクテルデザイナー」鈴木隆行氏と渋谷「石の華」オーナーバーテンダーの石垣忍氏によるオリジナルの「ミントジュレップ」ほか、バーボンカクテルが飲める。
    ■場所 25F 「Bar a Vins tateru yoshino」
    ■料金 1,617円
    ■期間 5月31日(金)まで


    2013/5/10
    第一ホテル東京

    Bar! 「第一ホテル創業75周年 & 『宗谷』建造75周年 75ダブルアニバーサリー企画 1/250模型の展示と宗谷をイメージした『カクテル』を発売」
    ▼なにゆえに南極観測船『宗谷』がここに登場するのかというと、宗谷建造75周年だから。つまり、75つながり。宗谷の1/250模型を展示し、宗谷をイメージした『カクテル』を期間限定で販売する。南極をイメージしたカクテル「スミレーロ」は、氷が溶けて氷河に穴をあけ水流をつくる現象をいうスミレーロにちなんだもの。「ライジングサン」は、「厳しい渡航の末、たどり着いたクルーが見た太陽をイメージした男らしいカクテル」とのこと…。『大人の超合金 南極観測船 宗谷(第一次南極観測隊仕様)』なるものに興味がある方はぜひどうぞ。
    ■場所 21F「ラウンジ21」
    ■料金 1,760円。宗谷カクテル2種類セット 2,860円
    ■期間 5月31日まで


    2013/5/9
    ホテルオークラ東京

    Bar! 「バーハイランダー 絶対の一品。 モヒート」
    ▼暑い季節になってくると、駆けつけ一杯に飲りたくなるのが、モヒート。ラムをベースにしたカクテルで、グラスを彩るミントの緑の葉が目にも涼しい。同ホテルの館内の各レストラン、バーがそれぞれ自慢の一品をあげた「絶対の一品。」シリーズでバーハイランダーがあげたのがコレ。「通常のおよそ2倍の大きさがある野生のミントを、わしづかみにしてあふれるほどにグラスへ。丁寧につぶしていくと、部屋中にミントの香りが漂います。そして、ザクッとカットしたライムをしぼる」というコピーもそそる名文。
    ■場所 別館1F スコティッシュバ「バーハイランダー」
    ■料金 1,732円
    ■期間 通年


    2013/5/9
    ANAインターコンチネンタルホテル東京

    Bar! 「サーベラージュ」
    ▼ ロビーを見下ろすセミオープン空間なので、ロビーのにぎわいを肌で感じることができ、ちょっと華やいだ気分になりたいときにぴったり。毎夕、カウンターでサーベラージュという、刀でシャンパンのコルクを切り飛ばす演出をやっている。サーベラージュで開けたシャンパンは10名限定で無料だが、その恩恵にあずかるためには、その時、そこに居なければいけません。
    ■場所 3F「シャンパン・バー」
    ■料金 10名限定で無料
    ■期間 通年。毎日18:30〜19:00


    2013年度 3月

    2013/3/21
    ロイヤルパークタワー汐留

    Bar! 「ハッピーアワー」
    ▼こういうホテルの上手な使い方を知っているかいないか、それが貴方の出世に左右します、と言うより、出世する人々はとかくこの手の情報収集には力を入れている。仕事帰りにホテルのラウンジで軽く一杯飲りたいとき、千円札2枚でいける。そんなお得な時間帯がある。
    ■場所 ロビーラウンジ
    ■料金 ドリンク、料理共に 各693円
    ■期間 通年 17:30〜19:30


    2013/3/21
    ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

    Bar! 「フライデー ジャズ・ナイト」
    ▼ライブの力とは大きいもので、同じロビーラウンジでも音楽がライブに変わった瞬間、空気ががらりと変わる。週末の金曜の夜限定で、サックスとピアノによるデュオがジャズのスタンダードナンバーからボサノヴァ、ラテンジャズを奏でる。
    ■場所 ザ・ダイニング ルーム
    ■料金 無料(オーダーしたメニューの代金のみでミュージックチャージはなし)
    ■期間 通年、金曜日 演奏時間 20:20〜21:00/21:20〜22:00/22:20〜23:00


    2013/3/21
    セルリアンタワー東急ホテル

    Bar! 「東急東横線、東京メトロ副都心線 相互直通運転 開始記念カクテル アーク・エスポワール」
    ▼話題のスポットの、話題に合わせて作ったオリジナルカクテル。3月16日の東急東横線・東京メトロ副都心線の相互直通運転開始を記念し、チーフバーテンダー吉田茂樹氏がプロデュースしたカクテル「アーク・エスポワール」は二色のオレンジカクテルがひとつのグラスに。その心は、「虹色のように輝く希望の架け橋を意味し、融合すること」だそう。
    ■場所 ベロビスト
    ■料金 アーク・エスポワール 2,000円。19:00以降の入店の場合は、テーブルチャージ一人 1,155円
    ■期間 3月16日〜終了時期は未定。


    2013/3/2
    ホテルオークラ東京

    Bar! 「桜桃〜Original Cherry Blossom〜」
    ▼フルーツにはフレッシュで食べるのとはまた別のおいしい味わい方がある。季節ごとにそのとき旬のいちばんおいしいフルーツを使ったカクテルを提供しているのがこちらのバー。これから旬をむかえるのがサクランボだが、サクランボ界における高級トップブランド「佐藤錦」を使ったのがこのカクテル。
    ■場所 オーキッドバー
    ■料金 2,730円
    ■期間 「佐藤錦」が旬の季節


    2013年度 2月

    2013/2/25
    京都ブライトンホテル

    Bar! 「食べるカクテル」
    ▼カクテルは、飲んでおいしいのはもちろんだが、何と何を組み合わせて、どんな風に作られたのか、その”素性”について、知ったり、語ったりするのがまた楽しいもの。こちらは、パティシエとバーテンダーとのコラボレーションによるもので、「瞬間ソルベ(ソルティ)ドッグスタイル」は、マイナス196℃の液体窒素でアルコールを凍らしてシャーベットを作ったというもの。「シャンパンフレーズ」は、旬の苺の果肉とジュレの上からフルーツキャビアをのせ、ボランジェシャンパンを注いだもの。甘口派には、バニラアイスの上から「GODIVA」リキュール、グランマニエ、ミルクをかけたカクテル 「グラス アラ バニーユ」を。
    ■場所 ラウンジ クー・オ・ミディ
    ■料金 瞬間ソルベ(ソルティ)ドッグスタイル 1,732円ほか
    ■期間 2/16(土)〜 17:30〜24:00


    2013/2/19
    ホテルオークラ東京

    食べるカクテル「雪あかり ※1日限定10杯」
    ▼しばしばバーに顔を見せる常連客に対して、「ちょっとこんなの作ってみたんですけれど、いかがですか?」とバーテンダーがオリジナル作品をさっとを出してみせる…。そんなシーンに登場しそうなのが、こちら「雪あかり」。オークラの日本料理店「山里」のくずきりを加えた柑橘系「食べるカクテル」。「仕上げに和三盆を振り、スダチを絞れば、味の変化を楽しめます」とのこと。季節ごとに季節を感じさせるカクテルを楽しませてくれる、こちらのオリジナル。
    ■場所 本館6F 「オーキッドバー」
    ■料金 2,730円
    ■期間 特に明記なし。


    2013/2/15
    フォーシーズンズ東京アット丸の内

    Bar! 「チョコレート・ラブ・フェア」
    ▼”遅れものには福がある”…うっかり2/14を忘れてしまった方、決心が間に合わなかった方、こちらへどうぞ! まだまだしばらく大丈夫です。ヴァローナチョコレートを使用した特別メニューを期間限定で提供中。この寒い季節、暖炉があるスペースは目にも暖かい。おいしいチョコで、きっと気持ちも暖かくなる、そんな気がする。
    ■場所 エキ バー、ラウンジ
    ■料金 ホットチョコレート、チョコレートカクテル、ストロベリータルトのホットチョコレートソースがけ 1,725円
    ■期間 2月4日(月)〜2月28日(木)


    2013/2/15
    ザ・ゲートホテル雷門 BY HULIC

    Bar! 東京スカイツリーが真正面!の宿泊客専用バー
    ▼こんなところに、こんなところがあったのか、という浅草のメインストリートに面し、浅草寺とははす向かいのロケーション。1Fにはスーパーのオオゼキが入っていたりするのでつい見逃しがちだが、実はこちらの高層階は周囲にさえぎるものなく東京スカイツリーを望む、絶好のロケーション。その14階には宿泊客専用のテラスとバーがある。バーは2月から毎日オープンになった。スカイツリーをイメージしたカクテル「Voguish」なども。
    ■場所 14F 「B bar」
    ■料金 メニューによって異なる。カクテル「Voguish」 1,000円。テーブルチャージ、一人1,000円
    ■期間 通年 18:00〜24:00


    2013/2/6
    ペニンシュラ香港(中国、香港)

    Bar! 「大人の空間にようこそ」
    ▼今そこにあるお財布狙いのファミリー客優遇策のため、世界各国のホテルにどっと増えた子どもたちの姿。天使にもなれば、一転して悪魔にもなるのが子どもという生きもの。お行儀よく騒がずじっとしていて、かつ子どもらしく可愛らしくあって欲しい…なんていうのは、大人の勝手な願望でしかない。本来は大人たちの世界であったホテル界が変貌して久しいが、そんななかで、ここだけは大人の聖域に…と守ろうとしているのがこちら。リニューアルを終え、ヴィンテージ風の革の椅子などを配して「古き良き時代に紳士たちが集ったシガーバーのような雰囲気を再現」、いわゆる英国伝統の”クラブ”(”ク”にアクセントの方です、念のため…)の雰囲気になった。また、開業85周年を記念し、クラーク・ゲーブルがこちらを訪れた際に生まれたカクテル、スクリュードライバーの「伝説のシニアバーテンダー」ジョニー・チョンのオリジナルレシピを復刻。
    ■場所 ザ・バー
    ■料金 メニューによって異なる。期間限定ドゥーツ社のグラスシャンパン 165香港ドル
    ■期間 通年 15:00〜0:30。ドゥーツ社のグラスシャンパンの特別価格提供は3月31日まで


    2013/2/4
    JRタワーホテル日航札幌

    Bar! 「開業10周年記念カクテル『札幌駅』登場!」
    ▼明日から雪まつりの札幌。会場の大通り公園の雪像がライトアップされ幻想的な雰囲気になる夜間の鑑賞がおすすめ。こちらのバーは大通り公園サイドなのだが徒歩15分ほどの距離があり雪像までは見えない。とのことだが、35階の高層階にあるので、札幌市内中心の夜景が楽しめる。開業10周年を記念したカクテル「札幌駅」が今月から登場。1952年開業の札幌駅4代目駅舎の外観をイメージした青色のカクテルで、ジュニパー・ベリーで香り付けをしたジンベース。グラスに乗せたオレンジの皮は、東京駅と札幌駅を結ぶ線路をイメージ。グラスに浮かぶグレープフルーツの氷は「オホーツク海の冬の風物詩である流氷をイメージしていま」とのこと。東京ステーションホテルのオリジナルカクテル「東京駅」もある。
    ■場所 35F レストラン&バー「SKY J」
    ■料金 カクテル「札幌駅」900円、「東京駅」1,320円ほか。20:00〜20:30 カバーチャージ 750円
    ■期間 2月〜通年


    2013年度 1月

    2013/1/21
    セルリアンタワー東急ホテル

    Bar! サンセット・デライト・ベロビスト
    ▼高層ビルが増えて、都心の夜景を売りものにするバーも珍しくなくなったが、まわりに遮るものなく40階の高さからのぞむ東京スカイツリーRと東京タワー、都心の高層ビル街の眺めを楽しめるのはココ。この圧倒的な眺めを見せると、地方から上京してきた親にも喜ばれる。アペリティフタイムにこんなお得なプランをやっています。マグロカルパッチョ、ノルウェーサーモンのマリネ、パパイヤの生ハム添え、カプレーゼ、フォアグラコンフィ デュクセル和え+本日のおすすめの一品などに好きな飲物一杯が付く。
    ■場所 40F「ベロビスト」
    ■料金 3,500円
    ■期間 通年。16:00〜18:00(Last Order)/ 土・日・祝日 15:00〜18:00(Last Order)


    Bar! 「Krug & Bellota クリュッグ&ベジョータ」
    ▼タイトルだけ見て、お、これは美味そう!と、二つが掛け合わされた味をイメージできる方はかなりの食通。クリュッグはシャンパン。「36ヵ月の熟成で脂身はナッツの風味をおび、重厚なクリュッグとも相性抜群」という最高級生ハムが「ベジョータ」。このありがたみがわかる相手とじっくり楽しみたい。
    ■場所 別館12階 ワインダイニング&シガーバー「バロン オークラ」
    ■料金 セットで8,400円
    ■期間 通年


    12月

    2012/12/20
    京王プラザホテル

    Bar! 「憧れのバーテンダー気分でシェイカーを振る カクテル講座」
    ▼一度はやってみたいことって、誰でもある。そのひとつが”かっこよく”(これ大事)シェイカーを振ること、というバージャンキーも多いのでは? こちらでは、「シェイク、ビルド、ステアの基本技法に加え、スマートなメジャーの扱い方など実践的テクニックを伝授します」。眺めの良さでは都内でも屈指のホテルバーといわれるポールスターで、眺めも楽しみ、オードブル付きでカクテルも楽しみ、昼酒…酒好きにはもうたまりません。20名限定。
    ■場所 本館45F スカイバー「ポールスター」
    ■料金 5,000円 (講座、教材費、カクテル、オードブル代込み)
    ■期間 2013年1月27日(日) 13:00〜15:00


    2012/12/6
    パレスホテル東京

    Bar! 「アペリティフ プラン」
    ▼仕事帰りにロビーラウンジに立ち寄り、タパスをつまみに軽くシャンパン一杯、そんなちょっと粋なホテルのラウンジの使い方が気軽にできるお値段設定。これじゃ物足りなくなったら、6階のバーで「シャンパンとカクテル各1杯とアペタイザー5種」。これでもまだ計6,000円とお得な早めの時間の利用プラン。
    ■場所 1F ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」&6F ラウンジバー「ラウンジバー プリヴェ」
    ■料金 「ラウンジバー プリヴェ」のアペリティフ プリヴェ 3,500円、「ザ パレス ラウンジ」のプレシャス パレス 2,500円
    ■期間 12月1日(土)よりスタート。「ザ パレス ラウンジ」17:00〜20:00、「ラウンジバー プリヴェ」17:00〜19:30


    2012/12/4
    ランドマーク・マンダリンオリエンタル(中国、香港)

    Bar! 「MOバー ディスカバープラン」
    ▼12/4付けで発表予定のホテルランキング界の老舗「インスティチューショナル・インヴェスター」誌の今年のホテルランキングで、なんと満点100点!の得点(既に発表)でおそらく世界のトップホテルの座を獲得すると思われる。こちらは、「早い時間の朝食から深夜のカクテルまでスタイリッシュに楽しめるバー」の「MOバー」を楽しむ宿泊プラン。MOバーの特製カクテル、ブレックファストブッフェ、アフタヌーン ティー セット、3品のランチコース、2品のプリフィクス ディナー、ロブスター ランチなど6つのオプションから2つ好きなものを選べる。
    ■料金 宿泊日、部屋タイプによって異なる。1泊 4,980香港ドルから
    ■期間 11月1日〜2013年2月28日まで


    11月

    2012/11/26
    帝国ホテル東京

    Bar! 「【数量限定】プライベートラベル ウイスキー」
    ▼知っている人にとっては、オッとなるが、飲まない人・興味のない人にとっては「…」な情報のひとつが、酒に関わること。ただ、【数量限定】なんて書かれていると、なんとなく急いで行かないと損な感じになる。「39年の長期熟成が奏でる華やかな香りと、まろやかな飲みやすさが特長。類稀なるウイスキー」であるそうなシングルモルトウイスキーの「リンクウッド1973」が数量限定で飲める…と聞いて、そうだ、バー行こう!となるのは、よっぽどのウィスキー通。
    ■場所 本館中2F 「オールドインペリアルバー」
    ■料金 リンクウッド 1973 プライベートラベル グラス 3,465円
    ■期間 11月20日(火)より 11:30〜24:00(ラストオーダー)


    2012/11/15
    シェラトン都ホテル東京

    Bar! 「シャンパン&ミックスベリークリスマス 」
    ▼映画「プリティーウーマン」を観て知った方も多い、”シャンパンにはストロベリーが合う”。映画公開以来、世界各地、あちこちで「知ってるかい? シャンパンにはストロベリーが合うんだよ」とうんちくをたれる方たちが増殖。アメリカのホテルではロマンスプランなどでは必ずセットで出すようにしているそうだ。さて、こちらはG.H.マム コルドン ルージュのシャンパン・ハーフボトルとストロベリーやラズベリー、ブルーベリーなどミックスベリーが付くクリスマスプラン。
    ■場所 メインバー M BAR
    ■料金 WEB予約限定 一人3,800円、2名利用のみ
    ■期間 12月1日(土)〜12月25日(火) 17:00〜23:00


    2012/11/13
    グランドハイアットソウル(韓国、ソウル)

    Bar! ”財閥ジュニア”たちに遇えるかも…「House Music Party ハウス・ミュージック・パーティー」
    ▼”こういうご時勢”になれば韓流人気も一気に冷めて、韓流オバサンたちも韓国には行かなくなるだろう、とニッポンの男たちは思った。しかし、実際はどうか。ニッポンの女たちは”ご時勢”はそれとして認識しつつも、今度の連休も韓国行きはやめない方が多いようだ。さて、こんなに韓国通いしているのに、韓流ドラマに出てくるようなタイプの男性には街で会ったためしがない…と嘆いているそこの貴女。ココに行けば、少なくとも”財閥ジュニア”系、あるいは財閥系企業あるいは外資系企業勤務の地元ではエリートでイケテル男子に遭遇することはできます、たぶんね、きっと。というバーがこちら「J.J. Mahoney’s」。ちょうど日本の連休に合わせて盛り上がるもよう。
    ■場所 J.J. Mahoney’s
    ■料金 30,000ウォン(ウェルカムドリンク代含む)
    ■期間 11月22日(木)、23(金)19:00〜3:00 a.m.


    2012/11/13
    東京ステーションホテル

    Bar! バーでランチを
    ▼ランチをどこで食べるかを見ると、その人のことがよくわかることがある。さて、ホテルのバーでひとりでビールかワインを飲みながらビーフシチューのランチ(計約4千円也)を食べるような男性は、ホントの食通&ホテル通か、「ホテルのバーでランチを取るってカッコイイ」なんていう本欄や雑誌なんかの記事を読んですぐその気になって気取りたくなるナルシス系あるいは乗せられやすいタイプ。旧ホテルのフレンチレストラン「ばら」の名物料理「ビーフシチュー」が食べられまーす。
    ■場所 バー カメリア
    ■料金 メニューによって異なる。ビーフシチュー 2,580円ほか
    ■期間 通年。ランチ 11:30〜14:00(L.O. 14:00)


    2012/11/7
    ル・ブリストル(フランス、パリ)

    Bar! 実力派イケメンのバーマンがお待ちしてます
    ▼売りものは「人」。バーのPRに、店のインテリアでもなく、酒でもなく、バーマンを前面に出しているのがこちら。ゲストに対して名前と顔を出して売っている、否、打って出ている。この10月よりヘッド・バーマンに就任したのは、マキシム・オルス。そして、バー・マネージャーのエドガー・ボードヴィーユ。つまみのタパスやスイーツを作るのは、ミシュランの三ツ星シェフのエリック・フレション。さあ、勝負しましょう、という現場の気概が伝わってくる。
    ■場所 Le Bar du Bristol
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年


    2012/11/3
    フィアヤーレスツァイテン・ケンピンスキ・ミュンヘン(ドイツ、ミュンヘン)

    Bar! 暖炉があるバー
    ▼なぜか男たちは、焚き火とか、花火とか、火遊びがお好きなようだ。ホテルでも暖炉がある部屋に当たったりすると、それはもう嬉々として薪の組み方をいろいろ試み、炎をみつめ、いつまでも飽きることなく火の番をして暖炉の前を離れない。そんな暖炉好きにはたまらないバーがこちら。英国スタイルのバーで、暖炉にくわえて木を使ったインテリアが男たちにはいかにも心地よいらしく、なかなか腰を上げない方が多い。平日は深夜3時までオープンしており、食事メニューもあるので、オペラ鑑賞の後の食事もゆっくり楽しめる。
    ■場所 Jahreszeiten Bar
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年 11:00〜3:00、日曜のみ2:00まで


    2012/11/3
    からすま京都ホテル

    Bar! 冬の限定「≪こだわりスパイス≫ジントニック」
    ▼作り方を見てると簡単で素人にも作れそうなのだけれど、プロの味はぜんぜん違うと思い知らされるのがウィスキーの水割りやジントニックなど。こちらのジントニックもしかり。「熟成したジンにじっくりとジュニパーベリー、コリアンダー、スターアニス、オレンジピールを漬け込んだアンカーオリジナル」。乾燥した冬の空気の中で、駆けつけ一杯で飲むジントニックの味はまた格別。
    ■場所 バー「アンカー」
    ■料金 1,000円
    ■期間 11月〜12月


    2012/11/1
    ANAインターコンチネンタルホテル東京

    Bar! 「クリスマスシャンパンソーシャル」
    ▼クリスマス前後はレストランでもクリスマスディナーなどで値段が上がるものだが、この季節にもこんなお得なプランありました。ペリエ・ジュエ・グラン・ブリュットなどシャンパン3種類のフリードリンクに、選べる料理が2品付く。女子ウワバミ系の部下を持つ上司の方々も、「きょうはホテルのバーでシャンパン奢るぞ」と言える、お財布の心配なく(ただし、2時間で切上られればですが)。
    ■場所 シャンパン・バー
    ■料金 女性 4,950円、男性 5,950円
    ■期間 12月21日〜25日 17:00〜21:00(最終入店 19:00)で2時間制。




    10月

    2012/10/31
    グランドハイアット・シンガポール(シンガポール)

    Bar! シンガポールで一番マティーニの種類が多いバー「martini bar at mezza9」
    ▼酒飲み、というより、酒を愛する酒好きたちにとって、”うまいマティーニ”が飲めるかどうかは、そのバーなり、バーテンダーの評価に大きく影響するようだ。こちらのバーの自慢はマティーニだそうで、約30種類のマティーニが飲める。オリジナルのひとつは、ライチ・マティーニ。このほか、ティラミス・マティーニなどデザートになるマティーニもある。ドレスコードはカジュアルなので、事実上、なんでもあり。ちなみにレストランの「mezza9」の方はスマートカジュアル指定。
    ■場所 martini bar at mezza9
    ■料金 メニューによって異なる。マティーニは、税サ抜きで19〜28シンガポールドル程度
    ■期間 通年 12:00〜24:00


    2012/10/26
    ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ(ベトナム、ハノイ)

    Bar! フレンチコロニアルな時間を楽しむ2つのバー
    ▼混血は美男美女を生むとよく言われるが、カルチャーにも同じことが言えるかもしれない。1901年、フランス植民地下で建てられたこちらのホテルの最大の売りものは、インドシナ文化Xフランス文化のフレンチコロニアルな時間。そのエッセンスを味わえる2つのバーがある。ひとつは、パリのカフェテラス風でフランス度数が高い「LA TERRASSE DU METROPOLE」。もうひとつは、フランス人がアジアの植民地で求める時間を演出したベトナム度数が高い「BAMBOO BAR」。どちらも、過ぎ去った時間の香りが楽しめる。「LA TERRASSE DU METROPOLE」では、木・金・土の夜、サックスの生演奏があり、郷愁感を盛り上げる。
    ■場所 「LA TERRASSE DU METROPOLE」、「BAMBOO BAR」
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年


    2012/10/15
    Wソウル‐ウォーカーヒル(韓国、ソウル)

    韓国一長いカウンターバーがあるバー
    ▼ソウルの中心からはちょっと離れており、車で行き来する際には江北と江南を橋で行ったり来たりして時間がかかる不便なロケーション。にもかかわらず、「週末は絶対ここのバーに行きたい」と若者たちに思わせるため、Wホテルのチームは何か目玉をと知恵を絞ったに違いない。カウンターバーに座ると、右手の壁一面のガラス越しに漢江の流れが見える。カウンターの向こうで働くバーテンダーは大変そうだが、これくらい長いと視的なインパクトが大きい、というより何より、見て楽しいW流。
    ■場所 1F 「Woo Bar」
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年


    2012/10/6
    ドーチェスター(イギリス、ロンドン)

    読んでから行くと楽しいバー
    ▼作家のなかでも、ホテルの描写だけがやけに詳しかったり、こだわりをもった描写をする、ホテルジャンキーな方はけっこう多い。ミステリー作家のジャック・ヒギンズはそんなひとりで、登場人物がどのホテルを選ぶかについて的確に書き分けたりする。さらに、酒の種類や飲み方についてもうるさく、ホテルのバーを舞台にしたシーンも多い。シャンパンも主人公にクリュッグのノン・ヴィンテージを注文させ、「たいていの人はラベルに書いてる表面的な事柄にしか注目しないから」など、巷の通人たちをおちょくった書き方をしたりもする。彼の小説の舞台になっているのがこちらのバー。ここで「クリュッグ、ノンヴィンテージだ」と注文しているお方がいたら、ほぼまちがいなく読者…。
    ■場所 The Bar
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年、月〜土曜日 12:00〜1:00 am、日曜日 12:00〜24:00


    9月

    2012/9/27
    ザ・キャピトルホテル東急

    違いがわかる人のための「多彩な原酒のつくりわけ」を飲み比べ
    ▼わかる人にははっきりわかる。けれど、わからない人にはぜんぜんわからない。人によって味覚の差は大きいものだ。”違いがわかる男(女)”になりたいと強く願うそこの貴方のための企画です。山崎ウィスキーの、シェリー樽で熟成したもの、北米産ホワイトオーク使用のパンチョン樽で熟成させたもの、北米産ホワイトオーク使用のバーボンバレル樽で熟成させたもの、など熟成させた樽の違いによる味を飲み比べできる。さて、わっかるかなぁ〜。
    ■場所 The Capitol Bar 
    ■料金 メニューによって異なる。山崎シェリーカスク グラス 1,500円、山崎ミズナラ グラス 3,500円ほか。
    ■期間 10月1日(月)〜10月31日(水)


    2012/9/26
    パークハイアット東京

    「BarCode 52 (バーコード フィフティトゥ) at ニューヨーク バー」
    ▼バーテンダーにもスター・バーテンダーなる、名前でお客を呼べる人々がいる。こちらはそんなひとり、「2012年バカルディ・グローバル・レガシー・カクテル・コンペティションで優勝した後閑信吾(ごかん しんご)氏をゲストバーテンダーとして迎え」た2夜限定のカクテルナイト。抹茶とラムの「スピーク ロー(Speak Low)」など毎夜日替わりで2種、2日間で合計5種の後閑氏のオリジナルカクテルが楽しめる。
    ■場所 52F 「ニューヨーク バー」
    ■料金 カクテル各種 1,800円より (税込・サービス料別途)。午後8時より、別途一人2,200円のカバーチャージが付く
    ■期間 10月1日(月)&2日(火) 19:00〜午前0:00


    2012/9/21
    グラマシーパークホテル(アメリカ、ニューヨーク)

    B! ぶらりとちょっとだけ立ち寄るのがカッコいい、朝のバー
    ▼トレンディーなニューヨーカーを気取りたい方たちのライフスタイルのひとつに、カッコいい朝食シーンというのがある。グラマシーパーク近隣に住むお洒落な住人たちが、朝、コーヒーとペストリーなんかの軽い朝食を食べに立ち寄る…そんなシーンを想定して作ったのが、1階のイタリアンレストランの入口にある長〜いカウンター席。こういう所では長いは無粋。さっと飲んで、さっと食べて、「Have a nice day! じゃあ、良い日を」とさっと立ち去る。支払いも、釣りはいらねぇよ、に、ちょうどなるよう、あらかじめ頭の中で計算しておいた額をさりげなくカウンターに置いて立つ。これをいかにもさりげなくやれたら、あなたもニューヨーカー。
    ■場所 Bar Maialino
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年。バーカウンターは7:00より、奥のトラットリアは7:30より


    2012/9/20
    ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

    K! 「キッズ&ジュニアバーテンダー」
    ▼ドアマン、シェフなど、子ども向けのホテルのお仕事体験プランは相変わらず人気が高いが、こちらは珍しいバーテンダー体験。子どもでなくても「カッコいい!」と思って、ぜひやってみたいことのひとつが、シェーカーを振ってカクテルを作ること。シェイカーを使ってオリジナルカクテルを作るバーテンダーに挑戦させてもらえる楽しいプラン。対象年齢は、3歳〜高校生までで、「年齢に応じてレベル別にお教えします」とのこと。
    ■場所 2Fメインバー 「ポロバー」
    ■料金 一人5,250円。2杯目より、1,470円
    ■期間 9月23日(日)まで。14:00〜17:00 終了まで


    2012/9/19
    リーガロイヤルホテル

    K! バーのカラオケ付き「個室でファミリーディナープラン」
    ▼かつては子どもが大きくなるまでは…と親も我慢するというカルチャーがこの国にもあったものだが、今日び、”やりたいことはなんとかできる方法探してもやる”親が増殖中。ホテルもその辺、わかってます。曰く「『子供がまだ小さいので周りに気を使ってゆっくり食事ができない…』そんなパパ・ママにおすすめのプラン。」なんだそう。子ども向けのアニメソングのラインナップも充実、「お食事はシェフがご用意する美味しいホテルクオリティ。」だし、「お子さまにはホテルから可愛いおもちゃもプレゼント」。誰も文句な〜し。
    ■場所 セラーバー
    ■料金 大人 4,500円、子供(小学生以下)2,500円(料理、フリードリンク、個室料、税サ込み)
    ■期間 18:00〜22:00の2時間制で、前日までに予約をすると14:00より利用可。


    2012/9/13
    フォンテーヌブロー・マイアミ・ビーチホテル(アメリカ、マイアミ)

    ウォーターメロン・ミント味のレモネードを出すプールサイドバー
    ▼映画「007ゴールドフィンガー」や「ボディガード」の舞台にもなった、アメリカではカネの力と華やかさを象徴する時によく使われるビーチリゾートホテルのひとつ。そんなイメージを抱いて持ってやってくる人々の期待に応えるのが、プールサイドバー。その名も「Glow Bar」、”真っ赤に燃える〜太陽の〜”のようなバー。ゲストたちはここのカウンターに座り、プールの方に半身を向けながら、アールを描いたホテル棟をまぶしげにちょっと見上げながら、今、ここでこんな風にくつろぐシーンの主人公として居ることができる我が身の幸せをしみじみと噛みしめるのだ。さて、ドリンクメニューでは、レモネードに力を入れているようで、「ザ・クラシック」「ウォーターメロン・ミント」「ブルーベリー・ピーチ」「ストロベリー・オレンジ」の4種類ある。
    ■場所 Glow Bar
    ■料金 メニューによって異なる。
    ■期間 通年


    2012/9/7
    上高地帝国ホテル

    山中でも早めの時間がお得「ハッピーアワーのアペリティフセット」
    ▼ここの夜明けの美しさは荘厳で一見の価値あり。早起きするために夜は早めに、というわけでもありませんが、こちらの山小屋風バーの早めの時間帯には、「オリジナルのシャンパンカクテル『穂高』または『梓』とドライフルーツのセット」「ドライシェリーまたは生ビールとドライフルーツのセット」などのアペリティフセットがお得。つい試してみたくなる人気のメニューは、上高地の天然のミネラルウォーターで作ったロックアイス入りのウィスキー。「うーん、やっぱり違うな」とクールにつぶやいてみたくなる方、多発。
    ■場所 バーホルン
    ■料金  ハッピーアワーに限り、通常料金2,500円の「アペリティフセット A」が 1,500円、通常料金1,500円の「アペリティフセット B」が 1,000円
    ■期間 営業期間中 17:30〜19:45


    2012/9/7
    グランド・ハイアット・福岡

    「Friday of Rose」金曜はイケイケどんどん飲み放題
    ▼「明日はお休みなんだから、課長(あるいは部長、社長、その他)、今晩はパァーッと行きましょ!パァーッと!」とおっしゃる”女子うわばみ部”を引率するはめになったら、こちらへどうぞ。モエ・エ・シャンドンのロゼ・スパークリングをはじめ、カクテル約10種類、赤・白ワイン飲み放題でこのお値段。しかも女性は特にお得な料金設定。2時間の時間制限付きなので、二次会へさえ連れ込まれなければ、ほどほどで終えられるが、さて、終えられるか。
    ■場所 1F バー「マティーニーズ」
    ■料金 女性 2,000円、男性 3,000円
    ■期間 9月7日(金)より毎週金曜日限定(ただし、祝日を除く)。18:30 〜 22:00


    2012/9/6
    山の上ホテル

    うまいつまみがあるバー
    ▼初めて訪れる時に敷居が高いバーというのが世の中にはあるが、ここの場合、カウンターのみで定員9名という小さなバーということもあるだろう。「文化人のホテル」として知られていることもあり、作家や財界人のひとり利用も多く、ドアを開けたらカウンターでひとりで飲んでいるのは、もしかしてあの方…ということもありそうなバー。話は店内にほとんど丸聞こえなので、ある意味、自分に自信がないときびしいかもしれないが、ともかく、なんとかスツールに腰をおろすところまで辿り着いたならば、酒のお供のつまみ料理も楽しんでいただきたい。プレーンオムレツ、エスカルゴのブルゴーニュ風など酒通たちに鍛えられてきた、シンプルだけれど酒に合う料理が楽しめる。
    ■場所 本館1F「バーノンノン」
    ■料金 メニューによって異なる。カクテル 1,155円から。プレーンオムレツ 1,260円ほか。
    ■期間 通年。月〜土 / 17:00〜AM1:30(LO) 、日・祝及び連休の最終日 / 16:00〜22:30(LO)


    2012/9/5
    シャーウッド台北(台湾、台北)

    台湾のVIPたちが集うバー
    ▼どこに行っても猥雑でにぎやかに感じるチャイニーズの街、台北において、ロビーに足を踏み入れるとふっと別世界に入ったような気分になるのがこのホテル。オーナーの劉文治氏が集めた絵画などの美術品がそこここに飾られている。こちらのバーは「イングリッシュ・リビングルーム」風インテリアそのもの。夜は地元の財界人に加えて、懐(公私費共に)が温かめの大手企業の日本人駐在員、この地のビジネスにかなり深く入り込んでいるらしい雰囲気漂うニッポン人、その他、どこかいわくありげな人々が集う。昼から開いており軽食もあるので、街歩き(とチャイニーズカルチャー)に疲れたら、ひと休みするのにいい場所。ここでランチをとるのが習慣というVIPたちもおり、ピープルウォッチングも楽しいバー。
    ■場所 2F Henry's Bar
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年 11:30〜01:00


    8月

    2012/8/24
    シェラトン都ホテル東京

    「20時までのご来店で、お得にバーを楽しむプラン 」
    ▼なにしろ、「通常の最大54%OFF 最大5,428円相当→¥2,500」とのことで、どこぞのバーゲンセールかタイムセールのようなキャッチだが、要は、20:00までにとにかく入店すれば、2,500円ぽっきりで、2ドリンク&おつまみ1品が楽しめるというトワイライトタイム限定プラン。飲み物は24種類から選べ、ウィスキーなどは12年ものでカクテル、こちらのバーが得意な焼酎も含まれる。1〜4名の人数限定。
    ■場所 メインバー M BAR
    ■料金 2,500円
    ■期間 通年。予約受付け時間は17:00〜19:00、サービス時間 は17:00〜20:00


    7月

    2012/7/31
    ホテル・レッジーナ

    パリのホテルの「ブリティッシュ・バー」
    ▼アメリカ人がパリのホテル選びをする時に弱いキィーワードが「プチホテル」と「パティオ」。人気の左岸のサンジェルマンデプレ界隈のプチホテルの場合、パティオと言ってもほんのお義理程度のこともあるが、「なんでも大きな国」からやって来た人々は、自分たちにないものをありがたがるようだ。さて、こちらのホテルの売りものは、パティオに加えてもうひとつ、「イングリッシュ・バー&クラブ・ラウンジ」。自分にないものをありがたがるのは、フランス人も同じようだ。ちなみにパリのリッツにはアメリカン・バーがある。
    ■場所 ブリティッシュ・バー&”クラブ・ラウンジ”
    ■料金 メニューによって異なる。
    ■期間 通年 ラウンジでのランチ 12:00〜14:30、ディナー 18:30〜21:30


    2012/7/25
    パークホテル東京

    デザイナーズカクテルコレクション 「カクテルユニバーシティーVol.9」募集開始
    ▼ホテル界でもシェフ、パティシエが表舞台に出てくるようになったのに続き、バーテンダーも名前で勝負する時代が来たようだ。渋谷「石の華」オーナーバーテンダー石垣忍氏とパークホテル東京カクテルデザイナー鈴木隆行氏によるカクテルセミナー&パーティー。セミナーでは実際にカクテル作りも体験できる。今回のテーマは、リキュール、カンパリとアペロール。限定50名。
    ■場所 「ザ・ラウンジ」
    ■料金 入場無料。各種カクテル 1,000円にてキャッシュオンデリバリー
    ■期間 8月26日(日)セミナーは 17:00〜18:00、 パーティーは 18:00〜21:00


    6月

    2012/6/28
    セントレジス・ニューヨーク(アメリカ、ニューヨーク)

    24時間オープンのステーショナリー・バー
    ▼こんな部屋が我が家にぜひ欲しいっ!とゲストに渇望させるようなスペースがあるホテルに出会えた人は幸いである。 Thornwillow Pressというすべてハンドメイドのステーショナリーやオーダーメイドの造本を手がける店がホテルに出店したライブラリー風バー&ステーショナリーショップ。店内の椅子は読書にぴったりの座り心地、ライティングデスクは手紙を書くのにぴったり。”ライブラリアン”もおり、お茶やお酒も飲める。24時間オープンなので、こんな店があると、夜中にぶらりと足を運びたくなる人も多いだろう。
    ■場所 1F The Cognac Room by, Thornwillow at The St. Regis New York
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年 24時間オープン



    2012/6/27
    シャングリ・ラ・ラササヤン・リゾート&スパ

    樹齢100年のレインツリーの下でサンセットタイムを
    ▼リゾートにおいてサンセットタイムをどう過ごすか、入念に事前リサーチをするホテルジャンキーたちも多い。ペナン島の西海岸にあり、圧倒的なサンセットシーンを堪能できるので知られるこのホテルのなかでも、サンセットと一体になってオープンエアでアペリティフや食事が楽しめるのはここ。スパイスマーケットのパトゥ・フェリンギビーチのティンバーデッキの特別席もおすすめ。
    ■場所 ピナン レストラン&バー
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年



    2012/6/27
    フォーシーズンズ・ミラノ

    ミラノの夜を心静かに過ごせるラウンジ
    ▼モンテナポレオーネ通りのすぐそばにあるホテルゆえ、ついつい物欲やら食欲やら、世俗の欲にとらわれた一日を過ごした夜は、ひとり懺悔しつつ心静かに過ごしたい。500年前には女子修道院だったというこのホテルの歴史と雰囲気が味わえるのはここ。月曜日から土曜日の19:30〜23:30にはピアノのライブ演奏もある。
    ■場所 Il Foyer
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年 8:30 〜1:00a.m.



    2012/6/25
    リッツカールトン・ソウル

    「ソウル金融専門家たちが選ぶ最高のバー 」
    ▼江南、すなわちソウルの街を南北に分ける漢江の南は、近年新しく開発されたエリアだが、富裕層や芸能人の住人も多く、お洒落な店が多いことで知られている。ここのデリで「いつも買い物する」ことがステイタスだったりする。「ソウル金融専門家たちが選ぶ最高のバー 」というバーにも、そんな”ソウルセレブ”が集う姿が見られる。韓流ドラマの舞台に非常によく登場するホテルでもある。
    ■場所 アトリウム二階 「ザ・リッツバー」
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年18:00〜2:30



    2012/6/19
    ラス・ヴェンタナス・アル・パライソ(メキシコ、ロス・カボス)

    50種類のテキーラが飲めるバー
    ▼G20開催中の高級リゾート、ロス・カボス。プライベートジェットで飛んできて、ストレッチリムジンでホテルへご到着、というゲストが普通のこのホテルでは、パパラッチの心配もなくハリウッドのスターたちがくつろいでいる。アペリティフにはちょっと早い時間帯に男性客に人気があるスポットがテラスにあるバー。テキーラについてのレクチャー&試飲(という名の昼酒)を名目にして50種類のテキーラが楽しめる。バーテンダーがゲストの酔っ払い度によって緑、黄色、赤と変わる陶器の人形を目の前に置く。
    ■場所 Tequila & Ceviche Bar。夜になると「Tequila & Sushi Bar」に変わる。
    ■料金 メニューによって異なる。
    ■期間 通年



    2012/6/16
    アヤナ リゾート&スパ バリ

    バリのサンセットを五感で体感できるバー
    ▼リゾートではどこでどんな風にサンセットタイムを楽しむかに悩む。。ホテルのプライベートビーチの岩場に張り出したオープンエアのバーで、サンセットタイムにはバー全体がオレンジ色に染まる。オリジナルカクテルにモヒートをもじった「ロッキート」、日本酒がベースの「ハラキリ」など。アジアンフードが中心のおつまみもある。旧リッツカールトン・バリで、リッツカールトンの元会長が興した新社カペラホテルズ&リゾーツが運営している。
    ■場所 ロックバー
    ■料金 メニューによって異なる
    ■期間 通年



    2012/6/15
    ANAインターコンチネンタルホテル東京

    "Old & Rare" Scotch whisky お父さんとメインバーで渋く一杯飲る
    ▼いつか息子や娘とホテルのメインバーで一杯飲むのを楽しみにしていたというお父さんをバーに誘いたいがちょっと照れくさいという方の誘う口実になる。今の30代、40代のお父さんたちが青春時代を送った70年代、80年代にかけてリリースされた銘柄のウィスキーを取りそろえている。
    ■場所 3F メインバー「ダビンチ」
    ■料金 オールドパー12年(70年代リリース)がグラス1杯 2,948円など
    ■期間 17:00〜24:00  定休日:日曜・祝祭日



    2012/6/13
    帝国ホテル東京

    歴史を語る “インペリアルカクテル”
    ▼海外のホテルのバーで聞いた話だが、日本人夫婦の見分け方は「会話がないこと」。「これが作られた年にはこんなことがあったね…」と会話のきっかけになり、ふだんは忘れていた当時のことを思い出す楽しみが加わる、開業120年の歴史の中で生まれた帝国ホテルオリジナルカクテルをバーで楽しむのはいかが。大正生まれの帝国ホテル最古のオリジナルカクテル「マウントフジ」をはじめ、現本館開業を記念した「インペリアル '70 」など節目、節目に作られた記念カクテルがある。
    ■場所 本館1階「ランデブーラウンジ・バー」、本館中2階「オールドインペリアルバー」、本館17階「インペリアルラウンジ アクア」
    ■料金 1,370円より
    ■期間 通年



    2012/6/11
    シェラトン・グランドホテル(英国・エディンバラ)

    40種類のジン
    ▼イギリスではモーニングティーやアフタヌーンティーにもこっそりジンを入れる人がいるほどジンが愛されているが、ここのバーでは40種類のジンを揃えているのが自慢。ホテルはスコットランド文化の象徴、エディンバラ城のすぐそば。
    ■場所 ワンスクエア
    ■期間 通年



    2012/6/8
    マンダリンオリエンタル東京

    なでしこジャパン応援カクテル 「なでしこ」
    ▼コミュニケーションのきっかけになるものがあると、バーテンダーと向いあうカウンターで過ごす時間もより楽しくなる。バーテンダー全員が女性の「マンダリンバー」にて、ロンドンオリンピックでサッカー女子日本代表を応援するオリジナルカクテル「なでしこ」を提供する。開催地イギリスのジンをベースに桜とパッションフルーツのリキュールを加え、「強いお酒でありながらのどごしの良いジンで、なでしこジャパンの芯の強さを表現」しているそう。
    ■場所 37F「マンダリンバー」
    ■料金 2,373円
    ■期間 7月1日(日)より



    2012/6/5
    パークハイアット上海

    水曜の夜は淑女がお得! レディースナイト
    ▼旅先でトレンドの最前線が”安全に”見られるのがホテルのナイトクラブ。92階にあり「世界で最も高い所にあるナイトクラブ」で夜景と共に、水曜はスパークリングワイン目当てでどっと集まる上海ガールたちの鑑賞が楽しめる。
    ■場所 92F「Music Room 」
    ■料金 女性に限りスパークリングワインがフリーフロー。
    ■期間 通年。水曜日の20:30〜22:30



    2012/6/5
    ザ・リッツ・カールトン大阪

    日曜の夜は殿方がお得! ジェントルマン・ナイト
    ▼世の中、女性が消費を誘導していると思いがちでレディースプランが花盛りだが、実はホテルジャンキー界では男性の比率がけっこう高い。
    モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアルがグラスで1,695円と格安料金で飲めると評判のシャンパンガーデンにて、曜日別にさらにお得なスペシャルデイを設定。男性のみ4名以上のグループが対象で、シャンパン・白ワイン・赤ワインがフリードリンクで、スナックとザ・リッツ・カールトンオリジナルの葉巻が一人1本付く。
    ■場所 5階 「シャンパンガーデン」
    ■料金 一人7,000 円
    ■期間 9月30日(日)まで日曜日限定、15:00〜23:00の時間内の2時間制。



    2012/6/2
    ホテルオークラ東京

    ドンペリニョン ベリーニ
    ▼ヴェネツィアのハリーズ・バーが発祥のカクテル。映画のシーンでは、さりげなくお洒落に決めたい時によく使われる。ピュレした白桃とスパークリングワインのカクテルだが、材料によって味は大きく異なる。桃が旬を迎える季節にフレッシュで作るものを飲みたい。
    ■場所 オーキッドバー
    ■料金 4,935円
    ■期間 通年



    5月

    2012/5/29
    ホテルオークラ東京

    50万円の開業50周年記念ボトルTHE OKURA、限定50ボトル
    ▼値段が高いか安いかは、その人の価値観による。ホテルジャンキーたちはリーズナブルさにはうるさいが、こうも言う、「値段は高くてもいい、満足させてくれるのなら」。
    今年の5月で開業50周年を迎え、昨年来さまざまな記念プランを企画してきたが、開業50周年記念日より販売を始めたのが50本限定販売のスペシャルウイスキー。開業年の1962年を含めて約300樽から厳選した8樽でブレンドしたもの。さて、1本500,000円也のスペシャルウイスキーは高いか、安いか。
    ■場所 メインバー オーキッドバー、スコティッシュバー バーハイランダー
    ■料金 500,000円
    ■期間 5月20日(日)より販売中。



    2012/5/28
    帝国ホテル東京

    平日限定 HAPPY HOUR〜ハッピーアワー〜
    ▼人によって暇な時間帯は異なる。ホテルが暇な時間帯に、暇な人に来てもらえば、両者がハッピーになるというウィンウィンなプラン。アサヒスーパードライ「エクストラコールド」やオリジナルカクテルなどを2時間飲み放題でこの料金はお得。フードメニューは別。要予約。
    ■場所 インペリアルラウンジ アクア
    ■料金 2時間フリードリンク 2,000円。
    ■期間 5月25日(金)〜6月1日(金)までの日・月・火・水・木・金曜日限定、16:00〜19:00。



    2012/5/26
    マンダリンオリエンタル東京

    ピーチカクテル
    ▼バーのカウンターで飲む楽しみは、お酒の味にプラスアルファ。オリジナルカクテルに添えられるバーテンダーのひとことも楽しみのひとつ。夏の果物、桃を使ったオリジナルカクテルを期間限定で提供。ヨーグルトリキュールとピーチピュレの「ハーバル ピーチ」、ピーチピュレを使った「マティーニ アラ・ベスカ」、スパークリング日本酒を使いベリーニを日本風にアレンジした「ジャパニーズ ベリーニ」など3種類の味が楽しめる。
    ■場所 マンダリンバー。
    ■期間 5月31日(木)までの期間限定。。



    2012/5/26
    セントレジス大阪

    地上50mの空中庭園でテラスビアガーデン
    ▼都心の真ん中で夜景を眺めながら、ホテルならではのサービスで飲むビールの味はひと味もふた味も違う。大阪の街を一望できる「天空の庭」 が今年もビアガーデンに。グリルステーションではホールローストチキンなどバーベキュー料理が楽しめる。毎週月曜日には、和楽器演奏集団「独楽」によるライブパフォーマンスも。
    ■場所 12階の「天空の庭」。
    ■料金 飲み放題プランも各種あり、生ビール2種類90分コースは2,825円。
    ■期間 10月31日(水)までの17:30〜22:00 (L/O 21:30) 。



    2012/5/23
    パークハイアット東京

    「リインヴェンティング 〜カクテルの新生〜」
    ▼タイバジルを混ぜた液体窒素と遠心分離機にかけ透明化したライムジュースとラムを混ぜ合わせる“タイバジルダイキリ”などのカクテルの創作者として知られるミクソロジスト、デイブ アーノルドが初来日し、独自の化学的手法で創り上げるオリジナルカクテルの世界を披露する。ニューヨークバーにて、5月30日(水)〜6月2日(土)午後5時〜深夜0時(木・金・土 午前1時まで)の期間限定。カクテル各種 1,980円より(ライブ演奏のある時間帯には別途カバーチャージ2,200円)。


    2012/5/16
    京王プラザ

    お料理も楽しみなカクテルディナー
    ▼月替わりで料理3品と飲み物を一人当たり3グラス、2名セット12,000円で提供。飲み物は、モエ・シャンドン、キュベラトゥール、ジョニーウォーカーブラック、I・Wハーパーゴールドメダルなどから選べる。17:00〜21:00。5月31日(木)までの期間限定。


    4月

    2012/4/26
    ANAインターコンチネンタルホテル東京

    MIXX ON 36〜36種類のカクテル、ビール・ワインをフリードリンクで
    ▼36階の「MIXX バー&ラウンジ」にて、”36”にちなんだスペシャルプランを提供。17:36〜20:36(20:00 L.O.)。36 種類のカクテル、スパークリングワイン、ワイン、ビールのフリードリンクと、 3 種類のメインティッシュから1品選べるコース料理が付き、、フリードリンク&フードセットが女性4,800円、男性5,800円。6名以上のグループには飲み放題を36分延長のサービス。


    2012/4/3
    京王プラザホテル

    開業40周年記念カクテル
    ▼開業40周年を記念するメモリアルカクテル『Purely White〜いつも、いつまでも真っ白な心で〜』1,450円 が誕生。「爽やかなヨーグルトの風味にライチやラズベリーの甘い香りがほのかに漂い、やさしい余韻がたなびきます」とのこと。新しいスタンダードカクテルとして、館内のバー・ラウンジ (3階/アートラウンジ<デュエット>を除く)にて飲める。


    2012/4/3
    神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ

    ワインの休日 Wine Day at the Sheraton
    ▼30種類の無料試飲、20種類以上の有料試飲。初夏に向けてスパークリングワインも豊富に用意。5,000円(オードブル、メイン料理、チーズ、税・サービス料含む。)1F スポーツパブ「アリーナ」にて。4月22日(日)11:30〜17:30(入替制)。


    3月

    2012/3/27
    ザ・キャピトルホテル 東急

    桜の香る季節 桜モヒート
    ▼The Capitol Barにて、3月23日(金)〜4月10日(火)の期間限定で「ほのかなミントの香り、シュガーとライムの味覚のハーモニーが、あと味も爽やかなリフレッシングカクテルであるモヒートと、贅沢に桜の花びらがコラボレーションした」オリジナルカクテル「桜モヒート」1,732円を提供。


    2012/3/27
    グランパシフィック LE DAIBA

    「お台場ハイボール」
    ▼東京ベイエリアの4ホテルがサントリーと共同開発した「お台場ハイボール」が4月1日より楽しめる。,ローズマリー・オレンジピール・レモンピールを「サントリー響12 年」に数日間漬け込みソーダで割ったもので、1200円。使用されているローズマリーは,ホテルで自家栽培されたもの。メインバー「ルイ ロペス」とダイニング&バー「スターロード」にて販売。


    2012/3/6
    ホテル西洋銀座

    銀座はちみつハイボール
    ▼バー&ラウンジ「プレリュード」にて、ウィスキーに、銀座産はちみつ、レモンの絞り汁を加え、きりりと冷えたソーダで割った「銀座はちみつハイボール」を3月1日(木)より通年で提供。ハチミツは、銀座ミツバチプロジェクトにより銀座でとれたものを使用。


    ◆ニュースインデックス◆

  • 朝食編
  • キッズ&ファミリー編
  • アフタヌーンティー編
  • 「シニアプラン」編
  • 「スパワールド」編
  • 「シェフ」編
  • 「パティシエ」編
  • 「ホテルのバー Bar」編


  • 10月
  • 9月
  • 8月
  • 7月
  • 6月
  • 5月
  • 4月
  • 3月
  • 2月


  • ▲このページのトップへ戻る▲

    ホーム Home

    (c)copyright 2012 Hiroshi Mori Corporation, All Rights Reserved.